帯結び解説(PDF版)

簡単な帯結びのご紹介

 
着物は着たいけど、帯が結べない

 方・・・
 
  帯結びに時間がかかる方・・・
  
  手が痛くて挙がらない方・・・
 
  お太鼓や腹の柄の位置や形が、

  決まらない方・・・
 

 帯を結ぶと、苦しい方・・・


 という貴方に、その全てを解決

 する帯結びをご紹介致します。

   
  準備する物 

1 ダブルクリップ口幅50oo
〔コクヨクリ-31〕1個

2 物干し竿用 洗濯バサミ 3個

3 袋帯か名古屋帯

4 帯枕、帯揚げ、帯締め

 


@ 袋帯の場合・・・ お太鼓になる方
  
    から、80cm(2尺1寸)を測り、
  
    2つに折る。(80cmX2が
お太
    
    鼓の長さになる。


    名古屋帯の場合・・・お太鼓になる方
 
    から、
90cmを測る。


   

A  三角から手先〔お太鼓にならない

     部分〕を、半分に折る。    

     ・・・三角をきっちり作っておく事が
    
     ポイント。






B  手先の位置部分まで持っていく。
  
   〔手先部分を作る〕

    帯巾十3〜4pを左に伸ばす。

C  自分の胴回りを帯締めで測り、

     その長さの半分を、三角の
   
     中心に置く。

D  腹の前柄の位置と、胴に巻きつける

     手先の長さを確認する。







E  長さが決まったら、三角の中心を

     ダブルクリップで、固定する。


F  垂れを手先の上に乗せ、指4本巾
  
   (人差し指から小指)の長さで、

     たれ先を作る。



 

G  袋帯の場合・・・帯枕を帯揚げに

     セットしたものを、ダブルクリップ

     の上に当たる位置に置く。

     名古屋帯の場合・・・ダブルクリップ

   の上に、帯枕と 帯揚げをセットしたも

   のを、直接置く。


H  袋帯の場合・・・お太鼓を帯枕の位置

     まで折り、もう 一度折って、二重太鼓

     を作る。


 
名古屋帯の場合・・・たれを手先の上に

  乗せ
指4本巾〔人差し指から小指〕の

  長さで、たれ先を作る。

  


I  袋帯の場合・・・お太鼓の上から、

    2枚目と3枚目の間に 、手先を入れ

    る。

   手先を入れた上に、帯締めもセット

   する。


   名古屋帯の場合・・・お太鼓の上から、

   1枚目と2枚目の間に、手先を入れる。

   手先を入れた上に、帯締めもセット

   する。

J  たれを上にあげ洗濯バサミで下2箇

      所
横1箇所をしっかりとめて固定

     する。







K  帯枕の紐と帯揚げを一緒に持つて、

     両手を広げてから、背中の高い

     位置に、おたいこを密着させる感

     覚で、背負い上げる。



L  帯枕の紐と、帯揚げを、
胸の上で

     しっかりと仮結びする。






M  帯を左手で回して胴に巻きつけながら、

     後ろまでもっていき、右手の人差し指を

     下帯に入れて引っ張る。

    お太鼓の下の部分と、人差し指を同時に、

    双方で引き合う。〔逆手は反対に〕

   帯締めを前で、仮結びする。

  仮結びをしたあと、帯枕の紐を、

    一度両手で
引き上げ、下から上に持ち上

    げる感覚で結び直す。〔帯枕を立てる〕


    帯揚げを帯の中に入れる。

   帯締めを結び直す。

N  洗濯バサミ3個を取り、たれ先を下に

     おろす。
 
 
 
     
完成!






obimusubi0001.PDF へのリンク

帯び処

ホーム

作品一覧

ホーム
ご挨拶
取扱店
帯の結び方